ヤンヒー病院日本語情報センター「スキンケア ケミカルピーリング」

HOME > ケミカルピーリング
   
乳腺摘出・乳房切除小中サイズ手術パッケージ
乳腺摘出・乳房切除大サイズ手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹腔鏡)手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹部切開)手術パッケージ
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(腹部切開)
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(全腹腔鏡)
膣閉鎖と尿道形成・前腕皮弁陰茎形成の準備手術パッケージ
前腕皮弁陰茎形成手術パッケージ
S字結腸24日間滞在パッケージ
 
ケミカルピーリング
ケミカルピーリングは酸など皮膚に障害を与える薬剤を使って、角質、表皮や真皮を化学的に溶かして、新しい皮膚の再生の治癒力によって、症状を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする治療方法です。治療目的によって、使用する薬剤やピールする場所や深さなどが変わります。


使用する薬品

・アルファハイドロキシ酸(AHA)
  ・グリコール酸などのフルーツ酸
  ・皮膚の浅い層のみのピーリング
  ・刺激の少ないマイルドピーリング
  ・有色人種でも色素沈着や瘢痕形成などの危険が少ない

・トリクロロ酢酸(TCA)
  ・ブルーピーリング
  ・フェノール
  ・皮膚の深い層まで剥離する


ケミカルピーリングが効果的な症状

・にきび、にきび跡
・肌のくすみ
・肌荒れ、乾燥した皮膚
・老化した皮膚、小じわ(皮膚の若返り)
・薄い色素沈着
・肉割れ、妊娠線

酸の力で肌の再生を促す治療法であるため、ピーリング後は、一時的に、肌の保湿力が低下し、敏感肌や乾燥肌になりやすい状態にあります。したがって、紫外線対策はもちろん、十分なスキンケアを施さなければ、かえって新たな肌トラブルを引き起こす恐れもあるため、医師のアドバイスに従い適切な処置を必ずまもってください。

エステのピーリングは非常に弱いものにもかかわらず、トラブルが続出しています。それは、すべて術前術後の適切な処置をしていないから起こっているのです。十分な知識を持った医師のもとで受けるようにしましょう。


ケミカルピーリングは以下の方はお受けできません。

・妊娠中、生理中の方
・日焼けをしている方
・皮膚炎などの皮膚疾患がある方
・ケロイド体質の方
 

      料金/US$
ケミカルピーリング     100

お問い合わせ
弊社はヤンヒー病院の正式エージェントですが、ヤンヒー病院ではありませんので、お間違えにならないようにお願いします。
【メールフォームを利用して
・「無料メール相談フォーム」からお問い合わせ
・「仮予約お申し込みフォーム」から治療仮予約申し込み
・「診療予約フォーム」から診療予約申し込み
【E-メールでのお問い合わせ】
・フォームがご利用できない方は、inq☆yanheejapan.info(☆は@と読替えて下さい。)までご連絡下さい。

【お電話でのお問い合わせ
・日本人直通ダイヤル:日本から050-5857-7572(横須賀)まで日本時間で12:00~22:00の間でお願いいたします。
(日本から国番号はつけずに、おかけください。)お電話で予約処理できません。