ヤンヒー病院日本語情報センター「いびき・無呼吸症候群治療(レーザーによる治療)

HOME > いびき、睡眠時無呼吸症候群
   
乳腺摘出・乳房切除小中サイズ手術パッケージ
乳腺摘出・乳房切除大サイズ手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹腔鏡)手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹部切開)手術パッケージ
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(腹部切開)
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(全腹腔鏡)
膣閉鎖と尿道形成・前腕皮弁陰茎形成の準備手術パッケージ
前腕皮弁陰茎形成手術パッケージ
S字結腸24日間滞在パッケージ
 
いびき、睡眠時無呼吸症候群
いびきが大きいだけであれば周囲の人間の迷惑のみで済むことは済みますが、呼吸が止まったりする方の場合は必ず受診しましょう。睡眠中の呼吸状態の異常を睡眠時呼吸障害といい、このうち呼吸が停止したりする場合、睡眠時無呼吸症候群といって、れっきとした病気です。


睡眠時無呼吸症候群の主な症状

・寝ているとき息が止まっている。
・よく眠れない。熟睡できない。
・イビキがすごい。
・日中眠くて仕事にならない。
・クルマの運転中眠くなる。
・夜に何回もトイレで起きる。
・起床時に頭が痛い。

睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

「無呼吸=息をしていない」ので死んでしまうのではないか?と思いますが、実は、この無呼吸で、死んでしまうことはありません。むしろ、無呼吸がつづくことで体に負担がかかり生活習慣病(高血圧や心疾患など)になることや、昼間の眠気による事故(交通事故、労災事故)に関係するため、ご本人だけでなく社会的にも問題となるのです。


治療の流れ

予診で睡眠の簡単なエピソードを医師とカウンセリングし、胸部単純写真、血液学的検査、生化学検査を行ったあとで耳鼻咽喉、ボイスチェンジセンターにある病室にて睡眠モニター検査を行います。終夜睡眠検査の結果症状の重度に応じて治療を行います。

治療方法
・CPAP(鼻マスク)を用いた治療方法
・ラジオ波治療
・レーザー手術で気道を広げる方法


CPAP(鼻マスク)を用いた治療方法

CPAPは、中等症から重症の睡眠時無呼吸症候群の患者さんの大多数にもっとも適した治療方法です。頭部固定のゴムマスクを鼻に装着し、ポータブルのコンプレッサーを使用して加圧した空気を人工呼吸器のように鼻から気道に送り込みます。効果が高く睡眠時無呼吸症候群の治療として用いられています。

気道内を陽圧にさせ、空気を人工的に送り込みます。。舌の落ち込みによる閉塞も防止することが出来ます。症状は翌日より大幅に改善されるため、熟睡出来るようになります。また、無呼吸症は睡眠中酸欠状態になりやすいため循環系合併症の心拍数増加、高血圧、不整脈といった症状が現れます。装置を使用することにより空気を十分取り入れられ、体内の酸素量も増えることになります。よってこれら合併症の抑制にも効果があります。


ラジオ波治療

凝固部位に刺入する細い針の先端部で電流を流し、肥厚した軟口蓋や口蓋垂の一部を凝固させることにより、組織を減量させる治療法です。無呼吸が軽度な例を対象として行われます。


レーザー手術で気道を広げる方法

病的な症状や病気などが原因のときにレーザー手術を行います。気道内の扁桃の極端な肥大、口蓋垂(のどちんこ)が極端に長いなどのような病的症状には外科手術の必要があります。いびき、睡眠時無呼吸症候群の手術で最も広く行われているものが、UPPPとLAUPです。


UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)

口蓋垂を含めた軟口蓋を外科的に切除します。次に口腔側と鼻腔側の粘膜とを縫い合わせて上咽頭部の拡大と突っ張った緊張状態を作ります。上咽頭部の拡大緊張が保てれば落ち込んでいた舌や咽頭部分の空間が確保できます。


LAUP(口蓋垂軟口蓋形成術)

レーザーで口蓋垂の下半分を切り取ることにより、いびきを改善する方法です。UPPPよりも切除する部分は少なく、手術後の痛みは少なく、出血はほとんどありません。

 

    料金/US$
無呼吸症候群治療(レーザーによる治療)   1300
睡眠ポリグラフ検査   150
レーザー治療   900
ラジオ波治療   840

お問い合わせ
弊社はヤンヒー病院の正式エージェントですが、ヤンヒー病院ではありませんので、お間違えにならないようにお願いします。
【メールフォームを利用して
・「無料メール相談フォーム」からお問い合わせ
・「仮予約お申し込みフォーム」から治療仮予約申し込み
・「診療予約フォーム」から診療予約申し込み
【E-メールでのお問い合わせ】
・フォームがご利用できない方は、inq☆yanheejapan.info(☆は@と読替えて下さい。)までご連絡下さい。

【お電話でのお問い合わせ
・日本人直通ダイヤル:日本から050-5857-7572(横須賀)まで日本時間で12:00~22:00の間でお願いいたします。
(日本から国番号はつけずに、おかけください。)お電話で予約処理できません。