ヤンヒー病院日本語情報センター「子宮後屈の修正手術 

HOME > 子宮後屈の修正手術
   
乳腺摘出・乳房切除小中サイズ手術パッケージ
乳腺摘出・乳房切除大サイズ手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹腔鏡)手術パッケージ
子宮・卵巣摘出(腹部切開)手術パッケージ
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(腹部切開)
皮下乳房切除+子宮・卵巣切除(全腹腔鏡)
膣閉鎖と尿道形成・前腕皮弁陰茎形成の準備手術パッケージ
前腕皮弁陰茎形成手術パッケージ
S字結腸24日間滞在パッケージ
 
子宮後屈の修正手術
膣と子宮の位置を簡単に説明しますと、外陰部から身体のほぼ正中腺に沿って背中、頭方に膣が延びていて、膣の一番奥からさらに正中腺に沿って上方に子宮が位置するのが普通です。この時、子宮が腹側に向いて位置しているものを子宮前屈、背側に向いているものを子宮後屈といいます。成人女性の80%は子宮前屈で、20%は子宮後屈と言われています。しかし、最近は多くの女性が子宮筋腫、内膜症が原因で子宮後屈になっているケースが多いようです。


子宮後屈が原因で起こる症状

・性交時の痛み
・生理時の腹痛
・便秘
・腰痛
・不妊症


一般的に婦人科などでの診断で子宮後屈と言われても手術までする必要はなく、日常生活で支障をきたしたり、炎症などが原因で癒着している場合など、手術で治療いたします。腹部を4~5cm切開し、マイクロサージェリーにて子宮の位置を上方の正しい位置に移動させ、体内で溶ける糸で縫合します。炎症や感染症などの合併症が起きないよう無菌室での治療となり、多くの出血を防ぐために、マイクロサージェリーで治療いたしますのでご安心下さい。


術後のご注意事項

・術後1週間は安静に生活下さい。
・術後4週間はエクササイズや重いものをもつような事をお控え下さい。
・50日間程度は性行為をお控え下さい。

 
      料金
子宮後屈の修正手術  全身   お問い合わせ

お問い合わせ
弊社はヤンヒー病院の正式エージェントですが、ヤンヒー病院ではありませんので、お間違えにならないようにお願いします。
【メールフォームを利用して
・「無料メール相談フォーム」からお問い合わせ
・「仮予約お申し込みフォーム」から治療仮予約申し込み
・「診療予約フォーム」から診療予約申し込み
【E-メールでのお問い合わせ】
・フォームがご利用できない方は、inq☆yanheejapan.info(☆は@と読替えて下さい。)までご連絡下さい。

【お電話でのお問い合わせ
・日本人直通ダイヤル:日本から050-5857-7572(横須賀)まで日本時間で12:00~22:00の間でお願いいたします。
(日本から国番号はつけずに、おかけください。)お電話で予約処理できません。